労災病院

熊本労災病院

熊本労災病院は、熊本県八代市竹原町1670に開院しており、診療科目は、内科/精神科/循環器科/小児科/外科/胸部・心臓血管外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/専門外来/腎臓内科外来/総合血管外来/禁煙外来が設置されています。医療を求める患者に適切な治療を行います。看護部では、認定看護師は5名活躍しており、医療の学習意識の高い看護師が多いです。日本医療機能評価機構による医療評価を受けていません。日々、医療の質を高め、医師、看護師共に、クオリティの高い医療に努めています。

長崎労災病院

長崎労災病院の住所は、長崎県佐世保市瀬戸越2-12-5で、周辺の人々へ信用される医療に努めています。看護部では、看護師339名活躍しており、働きやすい2交替/3交替の下、丁寧な看護に励んでいます。

香川労災病院

香川労災病院は650名の従業員が働いています。周辺医療機関と一緒になり、より優良な診療を提供しています。健康保険法に基づく医療機関の指定/国民健康保険法に基づく療養取扱機関の指定/生活保護法に基づく医療機関の指定/結核予防法に基づく医療機関の指定/覚醒剤取締法に基づく国の開設する覚醒剤施用機関の指定/原子爆弾被爆者の医療等に関する法律に基づく一般疾病医療機関の指定労災保険におけるリハビリテーション医療実施施設の指定(理学療法・作業療法)/身体障害者福祉法に基づく更正(育成)医療機関の指定(整形外科・腎臓)/身体障害運動療法等の施設基準に係る承認(理学療法・作業療法)/救急病院等を定める省令に基づく指定の病院です。指定医療に関して不可欠となる診療を進めています。

山陰労災病院

山陰労災病院は、鳥取県米子市皆生新田1-8-1にあります。1日の入院患者数は320.1名います。入院する患者さんと家族が無事に治療できる体制を提供しています。主流の固定チーム継続受け持ち制を採用しています。1人1人の看護師が力を生かした看護を提供できるよう励んでいます。

関西ろうさい病院

関西ろうさい病院は、近隣住民に信じられる病院を目標としています。近接性を重んじた活動を実施しています。子育てをする看護師が重要とする託児所情報ですが、託児所はあります。日勤のみの勤務など、これ以外の支援に関しても探してみましょう。

東京労災病院

東京労災病院には、400床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が400床設置されており、治療が必要な患者のメンタルのフォローも欠かしません。外来患者は264名おり、治療はもちろん、この他の全般的な看護もにもあたっています。看護部は、治療を必要とする者への相応な医療に努められるよう、患者メインの10:1を採用しています。

千葉労災病院

千葉労災病院には内科/精神科/神経内科/循環器科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/呼吸器外科/皮膚科/泌尿器科/産婦人科/眼科/耳鼻咽喉科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科口腔外科があります。地域を大切に思いやる医療に勤しんでいます。日本医療機能評価機構の評価を受けていません。看護の質の高い治療を行っています。看護部は、通院、入院を希望する方へ満ち足りた看護に努められるよう、効率の良い10:1を用いています。

福島労災病院

福島にある福島労災病院の職員は、常勤職員383/医師33名活躍しています。診療は、内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/心療内科/外科/整形外科/眼科/耳鼻咽喉科/泌尿器科です。患者に求められる看護を進めています。日本内科学会認定医制度教育関連病院/日本消化器病学会認定医制度認定施設/日本消化器内視鏡学会指導施設/日本循環器学会認定循環器専門医研修施設/日本リウマチ学会教育施設/日本肝臓学会認定施設/日本整形外科学会専門医制度研修施設/日本眼科学会専門医制度研修施設/日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設/日本消化器外科学会専門医修練施設病院/日本外科学会外科専門医制度修練施設病院/日本乳癌学会認定医・専門医制度関連施設/日本がん治療認定医機構認定研修施設/内分泌・甲状腺外科専門医制度関連施設/日本指定の病院であり、厚生労働省から指定された医療には欠かすことのできない医療を担います。

青森労災病院

青森労災病院の医療従事者は461名働いています。職員皆で、近隣住民に全面的な医療が実現できるよう一生懸命です。0を取り扱っています。院内スタッフが協力し合い、高医療技術を使った医療を実施しています。

釧路ろうさい病院

釧路ろうさい病院は、周辺の住民に信頼を置かれる医療施設を志し、近接性を大切にした活動を目指しています。子育てと両立を図る看護師が欠かせない託児所情報については、託児所はあります。産休育休後の研修など、それ以外の支援体制もチェックしてみましょう。看護部は、患者への相応な医療が実現できるよう、効率の良い10:1を取り入れています。

北海道中央労災病院

北海道中央労災病院には、312床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が312床備えられており、治療を要する患者の精神面のフォローも欠かしません。看護部は、患者を1番に置いた固定チーム継続受持ち制の看護方式を導入しています。患者との会話を重んじた医療を行っています。入院患者は258人で、入院患者が無事に治療できる体制を用意しています。